11月2日の《毎日小学生新聞》に報道されました

 

原文リンクはこちら→ https://mainichi.jp/articles/20171102/kei/00s/00s/016000c

千葉県の団地に住む、公立小学校5年生、工藤志昊(クドウシコウ)です。ITと科学が大好きです。

4年生からホームスクーリングを始めました。毎日色々なことを勉強しています。

小学5年生になった春、2017年6月、英検1級に合格しました。

英語圏に行ったこともなく、塾・英語スクールに通ったこともなく、6歳から独学で勉強してきました。

僕の英語勉強法のひとつは公園や観光地で旅行者と交流することです。色んな国から来た人と、様々なトピックで盛り上がります。たくさんの友達が世界中にできました。

4歳のときに、困っている人を助けるためにはどうしたらいいか、お父さんに聞きました。お父さんは、まず英語を含め色んな知識を学び、自分を強くすることからだよ、と教えてくれました。それから二年間、両親に正しい勉強法、日本語、英語、中国語、数学などを教えてもらいました。

5歳のとき世界三大著名演説、《アメリカ独立宣言》、マーティンルーサーキングの《私には夢がある》、リンカーンの《ゲティスバーグ演説》を演説しました。 英語の曲を歌うのが大好きです。

6歳から、自学自習をはじめました(英語、経済、数学、物理、科学などなど)

9歳から、Java、C#、Python、PHPなどの独学を始めました。実生活中で何か問題があったら、すぐプログラミングで道具を作り解決しています。困っている人を助けるため弁護士になる夢を持っていましたが、ITの力に感動して、この力でもっとたくさんの人を助けようと決心しました。

将来は、Googleの創始者やSoftBankの孫正義さんのような起業家になり、IT革命を通してよりよい社会を創りたいです。世界中の子供がどこにいても楽しく真の学習ができるオンラインの学校を作りたいです。

この夢を実現するために、留学して最強な人材と知り合い、最先端の知識を勉強したいです。

毎日走っています、夢だけでなく、行動しています。

応援はこちら kudoshiko@gmail.com へ